プロフィール

ありずむ

Author:ありずむ


~ありずむとは~
Vo. 加納 友弥 (リー)
Gt. 高嶋 貴弘 (ただお)

この2人によって形成され
松本市を中心に
活動をしている
アコースティックユニット

2人共に蟻高出身の
同級生であり
蟻+イズム
蟻+リズム
からこのユニット名となる

ちなみに通称である[リー][ただお]は高校時代のあだ名である


INFORMATION

[Bet Your Bottom Dollar]



ありずむ1stミニアルバム
Now on Sale!!

定価:\1,000(税込)
ライブ会場にて販売中

詳細はコチラ



[Nakara Shinsyu]



販売:AmazonHMV
    TOWER RECORDS
   (クリックで商品ページへ)
定価:\2,000(税込)

詳細はコチラ

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


最新トラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のうちに言わなきゃ、

2009年が始まった頃の僕は

多分、闇のド真ん中にいました。

友達にも

「灰色のオーラが見える」って言われました。



そんなある時、キラッキラに輝いて

すごく眩しく光っている人達をたくさん見ました。

その人達は、

僕がいつのまにか捨ててしまったモノを

持ったままの人達でした。

その時、僕は気付きました。

「あ、ソレって持ったまま大人になってよかったんだ。」

ちょっとニュアンスが違うかもしれないけど

言い換えれば、そこはキレイ事がそのまま通用する世界。

ただね、そのキレイ事を貫くには

もの凄い努力をしなきゃいけないんだ。

これは、その時には言葉に直せていなかった事だけど。



それからの僕は、ひたすら

もがいてもがいてもがきまくりました。

そしたら、いつの間にか周りの景色が

違って見えるようになりました。

うん、最近毎日楽しいです。

今の自分は輝いて見えているんだろうか?



今でも、少し油断すると

いつの間にか闇の入り口に足が

どっぷり漬かっていたりします。

でも、もう関係ないです。

今の自分が光だろうと闇だろうと

やるべきことをやるしかないんです。



「うわ、最低だな。今の自分。」

って思う事は多々あります。

でもその分、光のキレイさを知ってます。

光も闇も全部纏って歩くのは

自分にとってかなりバランスがいいです。



2009年に出会った人も、

2009年に出会った出来事も、

全部、

ありがとうございました。



ただお
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。